浴衣は大きくなると着る機会も減り、サイズや柄が合わなくなることもあるので、タンスの肥やしになってしまうことも多くあります。
そんな浴衣をリメイクすることが出来ると知り、自分の着てた浴衣をまた子供に着せられたり、捨てるのはちょっと忍びないと思っていたものも捨てずに再利用できて、素晴らしいと思いました。
参考はこちら→浴衣 リメイク

特に、浴衣で子供の甚平が作れるとは思っていなかったので、びっくりしました。
浴衣を洗って干したり、乾いたら浴衣をほどいて生地の針穴を消したり、リメイク前に必要な準備がいくつかあって少し手間はかかりますが、手間をかけても自分の浴衣が子供用の甚平になるのなら、しっかりと手間暇かけて手作りしたいと思いました。

甚平以外にも、コースターを作れば汚れても洗えるのでとても便利です。
浴衣で作れるがま口も、とても可愛くて良いアイデアだと思いました。
がま口部分は100均で買えて、普通に買うよりもはるかに安く出来上がるのも魅力です。
また、シュシュも作れるということで、浴衣柄のシュシュなら浴衣を着る時につけてもとても可愛いだろうなと思いました。
おばあちゃんが着てた浴衣など、思い入れのあるものも捨てずにまた使うことが出来るので、捨てなくてよかったと心から思いました。

関連記事

    None Found